同人はかなりきわどい

同人はかなりきわどい

元々グレーゾーンだからこそ、危険は憑いている

先に話した同人グッズという問題について話をしているが、元々同人というカテゴリーの大半がそもそも日本国に成立しているほうに抵触しているかどうかが一重に判断できるモノではないとしている。もちろん純粋に同人の中には、オリジナル作品として活動している人もいるだろう。そういう場合は同人といっても法律に抵触しているとは言い切れない部分もあるが、最近の同人活動の大半が『二次創作』という同人活動で構成されている。二次創作とオリジナルでは、そもそもの同人としての立場がまるで異なる。だがどちらにしても何処かとも分からない人々が気軽に始める事が出来るのも同人の魅力だ、筆者としては表現する場としてはこの上なく今後も活性化して欲しいと願っているところだ。だが企業という商業的な立場になると、して良いことと悪いことを区別できなければ大問題に発展する。中でも二次創作については、キチンと原作を仕立てている人間がいて、その原作者に対して許諾を取っているかどうかと聞かれたら、ほぼ10割で取っていないだろう。だが表沙汰に問題として取り上げる事はない、それは企業としても、原作者としても、暗黙の内に見過ごしているケースが大半だからだ。

見過ごしている理由としては同人活動に対して一定の理解を持っている、また同人活動によって表現の内容に問わず、作品を知ってもらえるという点で見ないようにしている、また原作者としても純粋に同人活動を現役で楽しんでいる、といったパターンがあるからだ。既にプロとして活動している人も堂々と同人活動を行っている人もいるため、業界全体で同人を絶対悪として見ているわけではないということも、理解してもらいたい。

あくまで共通した趣味を持っている人間同士が楽しむという念等を覆していなければ、節度良くルールを遵守していればある程度は許容されるだろう。だが先に紹介したブロッコリーの例では、そのような話では納まらないほど、酷い状況だったということだ。物事の枠としてはかなり曖昧な部分に位置する同人というカテゴリーはどうしても社会のはみ出しのように見られているが、常識の範囲内で守っていれば容認されてもいいのでは、と筆者は考えている。

著作権侵害してませんか?

同人誌と同人グッズは別物

同人活動の中でも特に気をつけなければいけないのが、同人グッズの方だ。もちろん同人誌についても極端に逸脱した作品を創ってしまったら問題になる、中には実際に直接販売の元へ企業関係者から警告を受けた、という例もある。だがあくまでファン活動の一種として認知されるのであれば良しとされる、だがそうした私的活動とは到底言えないようなモノとして扱われるのがグッズだ、このグッズというものがやはり癖がある。創ってはいけないというわけではない、問題なのはそのグッズが『創作性に富んでいるかどうか』という点に絞られている。

同人業界ではグッズ製作におけるこれなら大丈夫、これならしても平気という、線引きがあるので少し紹介しよう。

これはいい例

  • 自分で描いた絵であること
  • ブランドとして利用されているロゴマークを使用していない
  • 公式のようにコストを掛けたモノではなく、安めに作ったもの
  • 自分と、そして知人が利用できる範囲の少数製作

したらダメな例

  • 公式グッズとして発売している商品と全く同一であること
  • 原作の絵をコピーしてそのまま利用している
  • 世間一般で知られている有名な形状と似ている
  • ウォルト・ディズニー作品全般
ライセンスについてもっと知る

線引きをキチンと理解していなければならない

そもそも同人活動の本分は、『創作活動を楽しむこと』に留意していなければならない。これは誰においても共通しているところであり、そして同人活動の二次創作を持ってして『営利活動をしてはいけない』というそもそもの根底を認識・把握していなければならない。この点があやふやであたかも自分のしている事は同人活動なんだから、問題視されることの方がおかしいと感じる人がいるのも残念ながら事実だ。多くの同人活動をしている人が共通して持っていなければならない常識やルールも、いくらアマチュアとして活動しているからといっても最低限のマナーを守らなければならない。そうした一部の心ない人間の行動によって、ライセンスを所有している企業の逆鱗に触れてしまったがために、そもそも活動していたジャンルでの同人活動が禁じられてしまったとなっては悲しすぎる。

そうなった原因も同人活動をしている人間が、きちんとライセンスビジネス上における活動という商取引に抵触するような活動をしているから悪い、そう一言で表現することも出来なくもない。ただそうした同人活動をしている人の中には、本当に生活が掛かっているという切実な人も存在している。実際既に商業においてプロとして活動している人が、同人をすること自体考えられない事のように思える。だが本当のところプロとして活動していたとしても、収入が安定しないがために、何とかして金銭的に稼ぐためにも同人活動を率先して行なっている人は実に多い。月刊誌や週刊誌などで連載しているような立場にあるならまだしも、そうでない場合は収入源そのものが不安定だ。だからこそ同人活動をすることで、世間から忘れられないためにも、そして自分が明日を無事に生きられるようにと生活費を稼ぐ人も存在している。

人によって同人活動をしている原動力は異なっているかもしれないが、本当に趣味の一貫として楽しんでいる人、本格的に作家として活動するためにまずは同人活動から始める人といったように、この業界でも様々な人間模様が描かれているが、度々そんな業界でもトラブルが起きることも頻繁にある。それこそ同人グッズにおける、明らかに創作性の感じられない商品を販売して売上を獲得している場合には、企業も黙ってはいない。先に紹介したブロッコリーが警告した販売者との顛末は知るところではないにしても、もはや笑って済ませるレベルの話ではないと悟った事は確実だ。同人には同人のルールがある、グッズを創るにしてもその中に原作を自分なりに創意工夫したものを創りだせていれば問題とされないが、はっきりとした売上意識が感じられる活動には制限を掛けられたとしても、諦めて受け入れなくてはならない。