今後もさらに活発となる

今後もさらに活発となる

差し迫られる業界として、そして市場としての総意

日本のキャラクター市場は確かに魅力的で、今後も期待できる部分は多々あるだろう。しかしその背後ないし、潜在的に存在しているリスクなどをが払拭されることはなく、永続してそのまま張り付いているものだ。この点をキチンと頭に入れて、いかなる事が起きても市場バランスを維持していけるかどうかが、日本のキャラクター市場の課題かもしれない。そうした中で日本の市場が今後どうして行くべきなのかという、一貫した方向性が求められることになる。それによってこれまでどおり成長水準を維持して行くことが出来るか、または直滑空する様に落下して行く様を見届けることになるのか、どちらかに傾くだろう。市場の原理は複雑に構成されているが、実際に特定の視点で語るとするなら勝ち組になるか、負け組みになるかの瀬戸際に立たされることになるかもしれない。

将来的に日本のキャラクター市場が直面することになる、またが現在進行形でどのような妥協案とすればいいのか、さらにどうすれば解決することが出来るのか、などという問題もあるのでそういった点について分析して言ってみよう。

著作権侵害してませんか?

挙げられる課題としては4つ

主にこれからの日本キャラクター市場において考えていかなければならないポイントとしては、4つ存在している。まずはそれらについて話を広げていこう。

1:フリーという考えを容認するかどうか

タダより安いものはない、断言する人もいるだろう。筆者としてもお金を使わないことに越したことはないが、ビジネスという面においては中々通用しない部分だ。だが現在では無料で何かしらのゲームなどを行うことが出来るものもある。中にはプレイする時にはお金は通信費ぐらいしか掛からないとなっているが、新しい要素を取り入れたいときには別途お金を払わなければならないというものが存在している。

こうしたフリーで親しめるという価値観をキャラクター市場にてどのように展開して行くかが叫ばれている。このお金が掛からないフリーという考えは今後ますます活発になって行くだろう、そうした時代の中であくまで商売としてフリーをどのように活用して行くべきなのか、お金に縛られない全く新しいビジネススタイルを確立しなければならないというわけではないにしても、無料という言葉に弱い人が大勢いるので蔑ろにはできない。

2:海外進出という展開を効率よく行う

次に市場として今後求められる展開としては、日本だけでなく海外の市場でも通用できるような市場を形成する事が求められているという点だ。この点については先ほど海外企業の失敗例で軽く話したように、展開する国の文化や風習、そしてキャラクター商品というものに対してどのように捉えているのかという、しっかりと調査することが求められる。これは海外で成功する秘訣などではなく、単純にビジネスというものを成功に導くための、基本中の基本となっているのでできていなけば成功は望めない。

3:新たな市場を形成すること

キャラクター市場として今後求められることとしては、それまでになかったような新業態開発という点だ。今ではインターネットという便利アイテムのおかげで店頭に足を運ばずして、自宅のパソコンなどで簡単に注文し、配送してくれるシステムとなっている。そうした世の中のニーズに合わせるように、これまで権利上どうしても協力してビジネスを行うことが出来なかったキャラクター同士のコラボなどを行うことで、斬新な商品として新たな顧客を確保できる道筋を形成する必要がある。マンネリ化すればするほど、飽きられる傾向へと寄ってしまうため、切実な問題だ。

ライセンスについてもっと知る
東京・川崎方面にエアコンファミリー出張します。エアコン 工事工事料金表見てください。

4:リアリティが感じられるかどうか

最後に提示された条件として、そのキャラクターからはもちろん、作品から感じられる物語性やキャラ個人の心情、さらに作品における世界観といったメッセージ性が訴えられているかどうか、という点も重要だ。キャラクラー商品から発せられることもあるかもしれないが、こうなると作品そのものがそれだけ奥深い構成をしているかという点にも関わってくるので、簡単に演出することはできない。ただやはり共感できる物がなければどうしても好奇心を持つことが出来ないのも人間となっているため、これも改めてどのようにしたら世界を広げてもらえるかと悩みどころとなっている。

何をするにしても合わせていかなければならない

以上のように、今後日本のキャラクター市場だけに留まらない、ライセンシングに関係している全ての産業ではこうした権利に縛られながらも、時代に適した変革を遂げていかなければビジネスとしての成長を見込む事はできなくなってしまう。儀礼的な面で簡単に改革することができない部分もあるかもしれないが、そうした中でも模索しながらライセンスビジネスというスタイルを確立していかなければならないことは、間違いない。